メニュー

初期検査について

診療費用※保険診療には毎回診療費用が算定されます。

  • 初診料/約860円
  • 再診料/約220円(外来管理加算を含むと380円)

当クリニックをご受診いただく患者さんには、以下の初期検査をお受けいただいております。

主な検査費用 ※料金は全て税別で記載しています。

内診・超音波検査/約1,590円

内診では子宮や卵巣の位置や大きさ、硬さなど膣内の異常がないかを確認します。外陰部にただれや腫瘍などの異常がないかも同時にチェックいたします。

超音波検査では子宮や卵巣の形を画像から正確に確認することができます。これにより子宮筋腫や卵巣嚢腫、卵巣の癒着などといった異常がないかを判断したします。

子宮頸がん検査/約1,200円

子宮頸部の入り口である外子宮口周辺にがんが発生することがあります。初期の段階ではほとんど自覚症状がないため異常の早期発見はとても重要です。

クラミジア抗原検査(頸管)/約1,080円

子宮の出口(頸管)にクラミジア感染していないかどうかを確認するものです。特に子宮の中にチューブで造影剤を入れる卵管造影など、子宮内にクラミジアを広げてしまう危険にもつながりますので、卵管造影を行う際には必須の検査項目となります。

膣培養検査/約960円

おりものが多い方、外陰部がかゆい、分泌物が多いなどの症状がみられる方には膣の中の雑菌を調べる検査が必要となります。膣内雑菌やカンジダ、B群溶連菌などの感染がないかどうかを判定します。

スクリーニング検査(ART)/20,570円(自費検査)

(感染症・末梢血・肝機能腎機能・血液型・甲状腺・クラミジア抗体・凝固機能・抗精子抗体)

不妊の原因となりやすいとされやすい各項目の確認を行う検査一式となります。スクリーニング検査で早期に疾患や問題点を見つけることができれば、効率的に治療のステップアップを図れるなどのメリットがあります。

その他、患者さんのお体の状態や必要に応じてオプションの検査項目をお受けいただく場合があります。

他院からの転院をお考えの患者さんへ

他院から転院されていらっしゃる患者さんにつきましては、1年以内に受けられた検査結果をご利用いただけます。初診の際に検査データをお持ちになられてドクターに直接ご相談ください。

初期検査は不妊治療を行う上での必要不可欠な「健康診断」のようなもの

不妊症の原因はひとつだけとは限りません。いくつかの不妊要因が複雑に絡み合って関係している事例はとても多いです。まずはホルモンの基礎値や身体の健康状態、さまざまな疾患を調べる検査などを加えて、不妊を引き起こす原因として頻度の高い要素を多角的に分析いたします。詳細な各種検査データをもとに、タイミング指導・人工授精・体外受精(顕微授精)などのさまざまな治療法を検討しご提案させていただきます今後治療を進めていく上で、さまざまな判断の分岐点となる際にもより多くの情報データをもとに精査する必要があります。初期検査は不妊治療を行う上での必要不可欠な健康診断のようなものとして捉えていただければと思います。仮に何らかのはっきりとした原因が見つかった場合には、これに対応する治療を早期に効果的に行うことが可能となります。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME