メニュー

【専門家が解説】教えて!女の子の産み分けができるピンクゼリーとは?

[2022.09.01]

\ 女の子希望はこちら /

ピンクゼリー

\ 男の子希望はこちら /

グリーンゼリー

ママになりたいと願う中で、女の子が欲しいなと思ったことはありませんか。そのために何かできることがあればやってみたいというお気持ちがある方もいるでしょう。女の子を授かりやすくする方法はあるのでしょうか。今回は、女の子が欲しい方に向けたピンクゼリーについて解説していきます。

妊娠の仕組み

産み分けの方法を知るには、妊娠の仕組みを知ることが大切です。妊娠は、精子と卵子が受精をして子宮内膜に着床をすると成立します。女性は月に一度、排卵が行われ、精子と出会い受精をします。

精子の生存期間は約72時間、卵子の生存期間は約24時間と言われており、妊娠のチャンスは毎日あるわけではなく、限られた日数しかないのです。妊娠を目指すには妊娠の仕組みを知り、体作りやパートナーとのコミュニケーションもとても大切です。

妊娠の仕組み

  1. 膣内に射精された精子が膣→子宮→卵管を通り卵子を待つ
  2. 卵巣から排卵が起こる
  3. 精子と排卵をした卵子が、卵管膨大部で出会い受精をする
  4. 受精卵は細胞分裂を繰り返しながら卵管を通り、子宮内へ移動する
  5. 子宮に到達した受精卵は、子宮内膜に着床し、妊娠が成立する

性別はどうやって決まるの?

性別は「性染色体」によって決まります。男性が持つX精子とY精子のどちらかと、女性が持つX染色体が受精し、XX染色体は男の子、XY染色体は女の子になります。性別は男性側が持っているX精子とY精子の2種類のどちらと卵子が受精するかで決まります。女の子を授かるにはX精子と受精する必要があり、男の子を授かるにはY精子と受精する必要があります。よって性別を決めるのは男性側になるのです。

産み分けとは

X染色体とY染色体はそれぞれ真逆の性質があります。(下記のイラスト参照)

この性質を生かし、希望の性別を授かりやすいように環境をコントロールすることを産み分けといいます。射精時に希望の性別の精子に優位な環境を整えておくことで産み分け成功の確率が上がります。また、女性の膣内のp Hは排卵日前後の子宮頸管粘液が酸性からアルカリ性に変化します。

普段は異物が入ってこないように酸性なのですが、排卵日付近は精子を受け入れやすいようにアルカリ性に変化するのです。この変化を利用することで、性交のタイミングをとるベストな時期が変わってきます。

産み分けとは

産み分けの方法

産み分けというと、クリニックに行って細かく指導を受けなければいけないというイメージがあるかもしれません。忙しい方にとってはクリニックに通うのは難しいことがありますね。また、産み分け指導を行っている施設も多くあるわけではありません。

産み分けはクリニックに通わず自宅でトライできる方法もあります。費用や方法もさまざまなので、産み分けを行いたい場合は、どこまで費用をかけるのか、どの方法まで行うのか、事前にパートナーと共に産み分けに対する思いを確認し合うことが大切です。

産み分けの方法

排卵日

産み分けを行うには、妊娠をすることが前提となりますので、排卵日の予測はとても大切です。排卵日の特定は、

  • 基礎体温を3ヶ月つける
  • 排卵検査薬の使用
  • クリニックで卵胞の発育を確認してもらう

などが挙げられます。基礎体温は2層性になっているか否かで排卵が行われているのか、またどのくらいの月経周期なのかを予測できます。リアルタイムで排卵がいつ起こるかを予測するには、排卵検査薬の使用クリニックでの卵胞の発育を診てもらうことが有効です。

また、排卵日付近は女性の膣内環境も変化し、おりものは透明で水っぽく、10㎝近く伸びることもあります。おりものは個人差があるので、おりものだけで排卵日を特定するのは難しいこともあります。

シェトルズ法

1960年代にアメリカ医師のシェトルズ氏が提唱した産み分けセックスの方法です。

X精子とY精子、そして排卵日付近の女性の膣内環境の特徴を生かした環境で産み分けセックスを行うことで、希望の性別を授かる確率を高めます。男の子が欲しい場合は排卵日当日に性交を行い、女の子が欲しい場合は排卵2日前に性交を行うと良いとされています。

パーコール法

パーコール法は、女の子を希望する場合に行われる方法で、人工授精にて行います。X精子はY精子よりも重いと言われ、採取した精子を特殊なパーコール液に入れて遠心分離にかけることで、X精子が沈殿しX精子とY精子に選別することができます。

日本産婦人科学会でも安全性と実施は認められ、産み分けに取り入れているクリニックもあります。ただし、日本では科学的根拠と産み分けできる確率はデータが乏しいのが現状です。詳しいスケジュールや費用は実施しているクリニックのホームページを見たり、説明を受けると良いでしょう。

また、人工授精で行うため、パートナーに静液を採取してもらう必要があるので、産み分けに対する気持ちや取り組み方をよく話し合うことが大切です。

着床前診断

着床前診断とは体外受精の際に受精卵の遺伝子・染色体を検査して、明らかに異常がない胚盤胞を移植する方法です。PGT-Aとも呼ばれます。体外受精を繰り返しても妊娠に至らない、流産を繰り返す、染色体構造の異常があるなど、着床前診断を受けられる条件を満たしているかを医師が判断し、日本産婦人科学会から承認を得る必要があります。

染色体や遺伝着床前診断によって性別も特定されますが、性別による特定の遺伝子病のリスク因子の高いカップルが対象です。倫理的なこともあり、日本産婦人科学会では産み分け希望のみでは実施することを認めていません。染色体や遺伝子検査、カウンセリングなどを経た後に日本産婦人科学会に認定を受け治療が開始されます。

着床前診断は高度な技術で精度は高いですが、倫理的な問題もあります。また、妊娠率や着床率の向上に有意差はないとも言われています。カップルがメリットやデメリットに偏ることなく理解でき、主体的に自己決定できることが大切です。

アメリカなど一部の海外では、性別の特定を目的とした着床前診断を認めています。日本での着床前診断の議論はこれからも続きそうです。

女の子を産み分けるコツ

女の子の産み分けの確率を高めるには、X精子に優位な膣内環境と、X精子の育て方のコツがあります。産み分けのコツについてはこちらのコラムを参照ください。

女の子が産み分けできるピンクゼリーとは

ピンクゼリーとは、膣内のpHを女の子になる「X精子」に優位な酸性の環境をサポートするゼリーです。産み分けセックスの際に女性の膣内に注入して使用します。性交痛がある方も、潤滑剤としても使用することができます。自宅で気軽に使用することができるのがメリットです。

酸性のゼリーなので、少ししみることがあるかもしれませんが、天然成分で作られているので、体や膣に影響はなく、未来の赤ちゃんの健康状態にも影響することはありません。自宅でシェトルズ法と併用して使用することで、女の子を授かる確率を高めます。

女の子が産み分けできるピンクゼリーとは

入手方法

産み分けゼリーは医薬品ではないため、産み分けゼリーを扱う会社の公式オンラインサイトや、産み分けを行っているクリニックで購入することができます。類似品も出回っていることがあるので、公式サイトで購入する方が安心です。選ぶポイントとしては、下記を満たす製品を選びましょう。

  • 国産であること
  • 天然の成分で作られている
  • 衛生面に配慮されている
  • 希望の性別に最適なpH値を研究し製造している

ピンクゼリーの使い方

使い方はとても簡単です。ピンクゼリーは個包装になっているため、衛生的です。使用する直前に個包装から取り出し、ゼリーを膣内に注入します。タンポンを入れる時と同じような方法です。湯煎も不要な商品が多いので、すぐに使うことができます。

費用

費用は一箱あたり5〜10回分で、10,000円〜15,000円前後です。ご妊娠された場合、おめでたキャッシュバックとして余ったゼリーを買い取ってくれるサービスや2箱以上購入すると送料無料のサービスもあります。

各会社の産み分けゼリーの比較は、こちらを参考にしてください。

アメリカ版のゼリーの方が効果があるの?

アメリカにも産み分けゼリーのような商品があり、アメリカ番の方が女の子の産み分け成功の効果が高いのでは?と感じている方もいるようです。

アメリカの商品は日本製と同じく酸性のゼリーですが、産み分けを目的にしているというよりは、膣内の環境を保ち、匂いやおりものなどデリケートゾーンのトラブルを減らす目的が主のようです。

女性の子宮頸管粘液は女性ホルモンにも関係しており、年齢や体質によって、膣内トラブルが起きやすくなります。「膣内を酸性に保つ」という意味では産み分けにも応用できる可能性はありますが、ジェルの粘度が硬めで精子が入りやすい環境ではないため、産み分けを目的とされる場合は、産み分けゼリーを使用した方が有効かと感じます。

アメリカ版のゼリーの方が効果があるの?

確率

産み分けゼリーを使用した場合、どのくらいの確率で希望の性別が授かることができるのか気になりますよね。どの方法にも言えることですが、100%の確率というものはありません。確実に女の子を授かる確率をあげたい場合は着床前診断になりますが、こちらは先ほども述べたように産み分けを目的として治療ではないので、一般的には難しいのが現状です。

また、避妊をせずにゼリーを使用して性交を行うのは1回だけなので、妊娠自体の確率が下がる可能性があります。

成功率

産み分けゼリーの正確な成功率は研究結果がなくはっきりとはわかりませんが、産み分けゼリーの会社の独自の調査報告などから、女の子の成功確率は70〜80%程度と言われています。

産み分けをしない場合でもどちらかの性別になる確率は50%ですので、成功率が高いと捉えるか否かは、個人の見解によると感じます。しかし、少しでも成功率が上がるなら試してみたい!という方はぜひトライしてみると良いでしょう。

副作用や障害はないの?

産み分けゼリーの成分はベーキングパウダーなど口に入れても問題ないほどの天然成分で作られていますので、女性の体や膣内への悪影響はありません。また、産み分けゼリーによって産まれてくる赤ちゃんにダウン症などの障害が起こるのではないかと心配されている方もいるかもしれません。しかし、赤ちゃんに障害があったという報告はなく、安心・安全に使用することができます。

ピンクゼリーについてさらに知りたい方は、こちらのコラムも参照ください。

助産師からのメッセージ

助産師 中友里恵

中友里恵

1人目が男の子だったので2人目は女の子が良い。女の子が産まれたらかわいいお洋服を着せたいなど、考えるとワクワクしますよね。産み分けを考えるということは、ライフプランを考えるということ。

また、妊娠の仕組みの知識をつけたり、現在の生活状況を見直す機会にもなります。女の子が欲しいと思っていたパートナーが、産み分けの方法を知ってとても協力的になったという体験も聞きました。ぜひワクワクしながら取り組んでもらえたらなと感じます。

\ 女の子希望はこちら /

ピンクゼリー

\ 男の子希望はこちら /

グリーンゼリー

\ お顔出し不要・毎月4回開催 /

体外受精・一般不妊治療
オンライン説明会
▲ ページのトップに戻る

Close

HOME