体外受精

IVF

体外受精IVF

体外受精

体外受精は、排卵前に体内から取り出した卵子を培養液の中で精子と受精させた後、約2週間〜5日受精卵(胚)を培養し、良好な胚のみを子宮に戻して着床させます。
ここでは、体外受精の流れおよび対象となる方についてご説明しています。

体外受精を行うケース

  • タイミング療法や人工授精からのステップアップ
  • 体外受精でしか妊娠できないと判断された方

体外受精の流れ

01診察(卵巣刺激)

妊娠の確率を上げるための最初のステップです。
より多くの卵巣を成熟させ採卵するため、ホルモン薬で排卵をコントロールします。体外受精の治療は患者様の希望によりスタートさせていきます。

02採卵・採精

成熟した卵子を排卵日の直前に体外に取り出します。この採卵と同じ日に採精も行い、受精の準備を整えます。
初回で質の良い卵が採取できれば次のステップに進みますが、採取できなければ薬を使った治療を行い質の良い卵子が育ちやすい状況へと導いた後採卵を行います。

03受精

採卵した卵子を培養液の中で確認し、採精した精子は運動性の高い精子のみを取り出し、卵子と精子を一緒にして受精させます。

04胚移植

原則1個の胚を子宮内に移植します。胚移植にはいくつかの方法があり胚の質や患者様のご希望に合わせ選択します。

05凍結胚・凍結精子の保管更新規定について

受精卵(胚)が子宮内膜に着床する最適な時期は排卵日からおよそ4〜5日前後ですが、受精卵の育つスピードが遅いと着床のタイミングとずれてしまう場合があります。ここで無理に移植を行ってもうまく着床できません。

また、胚移植は基本的に一個と決められれているため複数個採卵できた方は余剰の胚が出来ます。
こうした場合は受精卵(胚)をと凍結保存しておけば、余剰胚を無駄にすることなく、また子宮と胚との着床のタイミングを合わせて移植することが可能になります。

体外受精のリスク

卵巣過剰刺激症候群(OHSS)
卵巣刺激剤や排卵誘発剤を使用することによって起こる可能性のある副作用です。薬や注射の効き方には個人差があり、反応が強すぎた場合に過剰な数の卵胞が発育して卵巣過剰刺激症候群になる場合があります。卵巣肥大、腹水や胸水の貯蓄などが起こり重症時には血栓症、呼吸困難などの症状が出ます。
腹腔内出血、膀胱出血
採卵時に起こる可能性のあるリスクです。
採卵は超音波下で慎重に卵胞穿刺が行われますが、までに腹腔内出血、膀胱出血を引き起こすことがあります。
膀胱出血については卵巣が通常の位置にはなく、膀胱を通過して卵胞穿刺を行わなければならなかった場合に起こることがあります。多くは一過性の出血で血尿等はすぐに治りますが、採卵翌日まで血尿が続く場合や尿が出にくくなったと感じた時はすぐに受診してください。
感染
採卵時に膣内の細菌が腹腔内に入ることで、骨盤内感染症と思われる発熱や腹痛などの症状が起こることがあります。この予防として膣内の十分な消毒と抗生剤の投与を行います。