メニュー

グリーンゼリー 男の子の産み分けが出来る 【医師・専門家が解説】

[2022.10.05]

\ 女の子希望はこちら /

ピンクゼリー

\ 男の子希望はこちら /

グリーンゼリー
  ジュンビー グリーンゼリー・ピンクゼリー ベイビーサポート
商品名 グリーンゼリー・ピンクゼリー ベイビーサポート
販売会社 ジュンビー アイテック
1箱の個数 10本(個包装) 7本(個包装)
ゼリーの容量 1.7ml 4.5ml
価格(税込) 16,280円 15,180円
pH(男の子) 7.2±0.3 8~8.5
pH(女の子) 3.95±0.3 5.5~6
事前準備 湯煎不要 湯煎不要
製造国 日本製 日本製
送料 送料あり(2箱以上で送料無料)
特典 2箱以上の購入でおめでたキャッシュバックあり
購入先

赤ちゃんを授かりたいけれど、男の子だったらもっと嬉しいなと思う方もいるかもしれません。そのためにできることがあればチャレンジしたいと思われる方もいるのではないでしょうか。産み分けと聞くと難しいことを行うイメージですが、自宅でも気軽にトライできる方法があります。今回は男の子が欲しいと思っている方に向けてグリーンゼリーの解説をします。

妊娠の仕組み

産み分けの方法を知るには、妊娠の仕組みを知ることが大切です。妊娠は、精子と卵子が受精をして子宮内膜に着床をすると成立します。女性は月に一度、排卵が行われ、精子と出会い受精をします。

精子の生存期間は約72時間、卵子の生存期間は約24時間と言われており、妊娠のチャンスは毎日あるわけではなく、限られた日数しかないのです。妊娠を目指すには妊娠の仕組みを知り、体作りやパートナーとのコミュニケーションもとても大切です。

妊娠の仕組み

  1. 膣内に射精された精子が膣→子宮→卵管を通り卵子を待つ
  2. 卵巣から排卵が起こる
  3. 精子と排卵をした卵子が、卵管膨大部で出会い受精をする
  4. 受精卵は細胞分裂を繰り返しながら卵管を通り、子宮内へ移動する
  5. 子宮に到達した受精卵は、子宮内膜に着床し、妊娠が成立する

性別はどうやって決まるの?

性別は「性染色体」によって決まります。男性が持つX精子とY精子のどちらかと、女性が持つX染色体が受精し、XX染色体は男の子、XY染色体は女の子になります。性別は男性側が持っているX精子とY精子の2種類のどちらと卵子が受精するかで決まります。女の子を授かるにはX精子と受精する必要があり、男の子を授かるにはY精子と受精する必要があります。よって性別を決めるのは男性側になるのです。

産み分けとは

X染色体とY染色体はそれぞれ真逆の性質があります。(下記のイラスト参照)

この性質を生かし、希望の性別を授かりやすいように環境をコントロールすることを産み分けといいます。射精時に希望の性別の精子に優位な環境を整えておくことで産み分け成功の確率が上がります。また、女性の膣内のp Hは排卵日前後の子宮頸管粘液が酸性からアルカリ性に変化します。

普段は異物が入ってこないように酸性なのですが、排卵日付近は精子を受け入れやすいようにアルカリ性に変化するのです。この変化を利用することで、性交のタイミングをとるベストな時期が変わってきます。

産み分けとは

産み分けの方法

産み分けというと、クリニックに行って細かく指導を受けなければいけないというイメージがあるかもしれません。忙しい方にとってはクリニックに通うのは難しいことがありますね。また、産み分け指導を行っている施設も多くあるわけではありません。

産み分けはクリニックに通わず自宅でトライできる方法もあります。費用や方法もさまざまなので、産み分けを行いたい場合は、どこまで費用をかけるのか、どの方法まで行うのか、事前にパートナーと共に産み分けに対する思いを確認し合うことが大切です。

産み分けの方法

排卵日

産み分けを行うには、妊娠をすることが前提となりますので、排卵日の予測はとても大切です。排卵日の特定は、

  • 基礎体温を3ヶ月つける
  • 排卵検査薬の使用
  • クリニックで卵胞の発育を確認してもらう

などが挙げられます。基礎体温は2層性になっているか否かで排卵が行われているのか、またどのくらいの月経周期なのかを予測できます。リアルタイムで排卵がいつ起こるかを予測するには、排卵検査薬の使用クリニックでの卵胞の発育を診てもらうことが有効です。

また、排卵日付近は女性の膣内環境も変化し、おりものは透明で水っぽく、10㎝近く伸びることもあります。おりものは個人差があるので、おりものだけで排卵日を特定するのは難しいこともあります。

シェトルズ法

1960年代にアメリカ医師のシェトルズ氏が提唱した産み分けセックスの方法です。

X精子とY精子、そして排卵日付近の女性の膣内環境の特徴を生かした環境で産み分けセックスを行うことで、希望の性別を授かる確率を高めます。男の子が欲しい場合は排卵日当日に性交を行い、女の子が欲しい場合は排卵2日前に性交を行うと良いとされています。

リンカル錠

リンカル錠は男の子が欲しい方の体質改善のためのサプリメント食品です。元々は、無脳児という先天的な病気を予防する目的で使用されていましたが、リンカル錠を飲んでいた妊婦さんが全員、正常児を出産しただけでなく、80%が男の子を出産したことから、産み分けにも利用されるようになりました。

妊娠を希望する最低2〜3ヶ月前から、毎日欠かさず飲むことで男の子を授かる確率を高めてくれる製品です。ネットなどで簡単に購入することができます。

着床前診断

着床前診断とは体外受精の際に受精卵の遺伝子・染色体を検査して、明らかに異常がない胚盤胞を移植する方法です。PGT-Aとも呼ばれます。体外受精を繰り返しても妊娠に至らない、流産を繰り返す、染色体構造の異常があるなど、着床前診断を受けられる条件を満たしているかを医師が判断し、日本産婦人科学会から承認を得る必要があります。

染色体や遺伝着床前診断によって性別も特定されますが、性別による特定の遺伝子病のリスク因子の高いカップルが対象です。倫理的なこともあり、日本産婦人科学会では産み分け希望のみでは実施することを認めていません。染色体や遺伝子検査、カウンセリングなどを経た後に日本産婦人科学会に認定を受け治療が開始されます。

着床前診断は高度な技術で精度は高いですが、倫理的な問題もあります。また、妊娠率や着床率の向上に有意差はないとも言われています。カップルがメリットやデメリットに偏ることなく理解でき、主体的に自己決定できることが大切です。

アメリカなど一部の海外では、性別の特定を目的とした着床前診断を認めています。日本での着床前診断の議論はこれからも続きそうです。

男の子を産み分けるコツ

男の子の産み分けの確率を高めるには、Y精子に優位な膣内環境と、Y精子の育て方のコツがあります。男の子の産み分けのコツについてはこちらのコラムも参照ください。

男の子が産み分けできるグリーンゼリーとは

グリーンゼリーとは、膣内のpHを男の子になる「Y精子」に優位なアルカリ性の環境をサポートするゼリーです。産み分けセックスの際に女性の膣内に注入して使用します。性交痛がある方も、潤滑剤としても使用することができます。自宅で気軽に使用することができるのがメリットです。

天然成分で作られているので、体や膣に影響はなく、未来の赤ちゃんの健康状態にも影響することはありません。自宅でシェトルズ法と併用して使用することで、男の子を授かる確率を高めます。リンカル錠との併用も良いでしょう。

男の子が産み分けできるグリーンゼリーとは

入手方法

産み分けゼリーは医薬品ではないため、産み分けゼリーを扱う会社の公式オンラインサイトや、産み分けを行っているクリニックで購入することができます。類似品も出回っていることがあるので、公式サイトで購入する方が安心です。選ぶポイントとしては、下記を満たす製品を選びましょう。

  • 国産であること
  • 天然の成分で作られている
  • 衛生面に配慮されている
  • 希望の性別に最適なpH値を研究し製造している

グリーンゼリーの使い方

使い方はとても簡単です。グリーンゼリーは個包装になっているため、衛生的です。使用する直前に個包装から取り出し、ゼリーを膣内に注入します。タンポンを入れる時と同じような方法です。湯煎も不要な商品が多いので、すぐに使うことができます。

性交直後や翌日などには少しゼリーがこぼれてきますが、その晩は入浴などせずにそのままお休みすることをお勧めします。妊娠率を高めるために腰枕を使用している方も多いようです。

費用

費用は一箱あたり5〜10回分で、10,000円〜15,000円前後です。ご妊娠された場合、おめでたキャッシュバックとして余ったゼリーを買い取ってくれるサービスや2箱以上購入すると送料無料のサービスもあります。

各会社の産み分けゼリーの比較は、こちらを参考にしてください。

確率

産み分けゼリーを使用した場合、どのくらいの確率で希望の性別が授かることができるのか気になりますよね。どの方法にも言えることですが、100%の確率というものはありません。確実に女の子を授かる確率をあげたい場合は着床前診断になりますが、こちらは先ほども述べたように産み分けを目的として治療ではないので、一般的には難しいのが現状です。

また、避妊をせずにゼリーを使用して性交を行うのは1回だけなので、妊娠自体の確率が下がる可能性があります。

副作用や障害はないの?

産み分けゼリーの成分はベーキングパウダーなど口に入れても問題ないほどの天然成分で作られていますので、女性の体や膣内への悪影響はありません。また、産み分けゼリーによって産まれてくる赤ちゃんにダウン症などの障害が起こるのではないかと心配されている方もいるかもしれません。しかし、赤ちゃんに障害があったという報告はなく、安心・安全に使用することができます。

グリーンゼリーについてさらに知りたい方は、こちらのコラムも参照ください。

助産師からのメッセージ

助産師 中友里恵

中友里恵

男の子が欲しいと思っている方にとって、グリーンゼリーは自宅でトライできる方法なので、チャレンジしやすいと思います。産み分け成功に限らず自分でできることをやったという達成感は、出産や育児にも自信になっていくはずです。

実際に夫婦で取り組んだことがとてもいい思い出になったと話してくれた方もいます。プレッシャーやストレスを感じすぎず、楽しくトライできると良いですね。

\ 女の子希望はこちら /

ピンクゼリー

\ 男の子希望はこちら /

グリーンゼリー

\ お顔出し不要・毎月4回開催 /

体外受精・一般不妊治療
オンライン説明会
▲ ページのトップに戻る

Close

HOME